シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019

2019.4/27(sat)▶5/19(sun)

アーツ千代田3331

Who's Next Visual Futurist? フューチャー・デザイン・コンテスト  応募受付は3月15日から

緊急開催!

審査委員長はシド・ミード!
未来に挑む若き才能を募集します

【開催概要】

「ビジュアル・フューチャリスト」として知られる未来デザインの巨匠シド・ミード。
映画『ブレードランナー』や『TRON』、アニメーション『∀ガンダム』などで知られる彼のキャリアのスタートは、フォードのカーデザイナーでした。
リドリー・スコット監督は、彼の画集の1ページ「雨が降る高速道を走る車」を描いた「CITY ON WHEELS」を見て『ブレードランナー』への起用を決めたと言われています。
まさにその瞬間から、人々を驚嘆させる未来世界の扉が開かれました。

日本では34年ぶりとなる展覧会「シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019」の開催にあたって、シド・ミードは「この先を担う若者たちに自分の仕事を見て欲しい」と語ります。
また若者たちの挑戦を期待するとも。そこで展覧会と連動した企画として、“シド・ミードに若者たちが描く未来を見てもらう”、そして次代のビジュアル・フューチャリストを気鋭のクリエイターたちとともに発掘する「フューチャー・デザイン・コンテスト」を緊急開催いたします!!

このコンテストの実施にあたり、シド・ミードは「Vehicle」(ビハイクル)“人が運転をしないであろう未来のすべての乗り物”というテーマを投げかけてきました。
バスやモノレールで、無人運転が始まった現在。
60年近く《未来》をデザインし続けてきたシド・ミードは今、私たちに《さらなる未来》を問いかけています。

【デザインテーマ】

Vehicle (ビハイクル)

人間が運転をしないであろう未来のすべての乗り物

審査員

  • 審査委員長

  • シド・ミード(ビジュアル・フューチャーリスト)
  • 審査員(敬称略50音順)

  • 大河原邦男(メカデザイナー)
  • 川田十夢(開発者/AR三兄弟 長男)
  • 河村康輔(グラフィックデザイナー、アートディレクター、コラージュアーティスト)
  • 田中一雄(株式会社GKデザイン機構 代表取締役社長)
  • 長谷川豊(ソニー株式会社VP. ソニークリエイティブセンター センター長)
  • 福澤知浩(株式会社SkyDrive 代表取締役)
  • 北条司(漫画家)
  • ほか

審査委員長シド・ミードより
コンテスト開催に寄せてメッセージ

大人になって経験を積むなかで
子どものころの「フシギ」を残しておくこと
あるいはさらに加えていけるのは
自分にとって、かけがえのない贈り物だと言えるでしょう。

コンテストとは想像力のコミュニティです。
自分たちの知性を讃え、そして楽しんでください。

未来とは、創造的な協働によって得られる結果なのです。

コンテストに参加してくれるすべての人に敬意を表し
そして、受賞者には祝福を捧げたいと思います。

私は、いつも、エレガントで明るい未来を描いてきました。
ぜひ、みなさんにも
すべてのひとが住みたいと思うような
「未来のリハーサル」をしていただきたいと思います。

募集要項

募集期間 :2019年3月15日(金)~5月6日(月祝) 23:59
発表 :2019年5月19日(日)
応募資格 :U-30までの方

詳細はこちら(PDF)

副賞

最優秀賞 賞金50万円
審査員賞 各10万円
ほか
主催 :FDC実行委員会
事務局 :株式会社スカイフォール
後援 :JIDA
協力 :GKデザイン機構